キャッシング会社を選ぶ

キャッシング会社といってもいろいろあり、最近では広告やCMで盛んに宣伝されているので、いざ利用したい時にどこで借りたらいいのか迷ってしまいます。そんな時に自分に合ったキャッシング選びをするのに幾つかのポイントがあります。

 

まずは自分がどれだけ借りたいか、どのくらいで返済できそうかをよく考えます。借りると当然利息が発生するので、その分も考慮に入れなくてはいけません。各会社のホームページには、実際に借りた場合のシュミレーションができる機能も付いているので大変便利です。

 

借り入れを申し込むには、その会社の審査を通らなければなりません。会社側としてはまったく知らない人にお金を貸すわけですから、その人に貸しても大丈夫かどうか、どのくらいの金額を貸せるかをチェックします。それぞれの会社が独自の審査基準を持っているので、どこでも条件に合うとは限りません。

 

各会社のホームページ上にある簡易診断で、収入や雇用形態、現在の借入金額などを入力すると、借り入れが可能かどうかある程度分かるので、審査を申し込む前に利用することができます。また審査のスピードも会社によって違うので、急ぎの場合などは特にチェックが必要です。

 

一般的に消費者金融は早く、銀行は遅いとされています。それでも最短即日審査回答とするオリックス銀行カードローンの審査手続きもあるため、結局は借り入れ先によって異なるとも言えるのです。

 

このように返済までのシミュレーションができ、借り入れが可能なところが分かったら、実際に申し込みとなります。来店しなくても自動契約機や銀行、コンビニのATM、インターネットで手続きできる会社も増えていますので、自分が借りやすい方法を選ぶことができます。

 

キャッシングを申し込む時に気をつけたいこと

キャッシングを行う際には、借りられる限度額というものが決まっています。それで少しでも多くお金を借りたい場合、一つの会社でまとまった金額を借りられないとなると、複数の会社から少しずつ借りたらいいと思いがちです。ところが、これはお金を借りる際にやってはいけない方法です。

 

キャッシングやカードローン、クレジットカードの申し込みや返済状況などは、すべて信用情報機関と呼ばれるところで情報が保管されています。キャッシングの申し込みがあると、各会社はこの信用情報機関の情報を元に審査をします。各個人の情報は複数の機関によって管理されていますが、すべての情報が金融機関に共有されているのです。そのため借り入れをする際に嘘の報告をしても意味はありません。

 

また、短期間に複数の会社からキャッシングの申し込みがあった場合には、かなりお金に困っていると判断され、返済能力が低いとみなされて審査が通りにくくなってしまいます。もしこのような理由で審査が通らなくなってしまった時は、信用情報機関の登録が消えるまで半年ほど申し込みを控えなくては、新たな申し込みが通らないことがあるため注意が必要です。