MENU

カードローンと銀行ローンの違い

カードローンといえば、銀行や金融会社などで登録したローンカードというものを使ってATMなどで簡単にお金を借りることができるローンの仕組みです。

 

お金を返す際の金利が一般的な金融会社よりも低く負担が少ない。お金の返し方はリボルビング方式や振込み方式など複数の方法があってどれも簡単、といった特徴があるお手軽なローンの形態であることが知られています。

 

さらにカードローンは銀行が扱っているものもあり、銀行ローンの種類の1つとも言えます。では、このカードローンは他の銀行ローンと比較するとどういう位置になるのでしょうか。

 

銀行ローンで最も知られているのは住宅ローンでしょうか。他には教育ローンや、銀行によってはマイカーローン、リフォームローンなど様々です。そして、そのどれにも共通することに、カードローンに比べて多額の金額をやり取りする点があります。

 

その分、ローンを申請する際の審査は厳しくなっています。また、返済の期間も非常に長くなります。

 

特に審査の厳しさは特筆すべきで、まず学生やフリーターではローンを組むことはできないでしょう。カードの場合は利用する会社によっては収入の安定しない学生や主婦でも作れてしまう場合があります。

 

ローンの申請者に一定の収入があることは当然ですし、勤め先の規模や過去の経歴なども詳しく調べられます。この厳しい審査があったからこそ、審査の甘い金融会社が、カードローンが普及する以前には増えていたとまでいうことができます。

 

提出書類も非常に多く、漏れが少しでもあると申請は無効になってしまいます。

 

銀行ローンの金利についてですが、長い期間の返済となりますので、金利は軒並み、カードに比べると低めです。また、年を跨ぐ返済期間となるので金利が変動する場合があります。

 

そういったときのために金利を固定して支払いを続ける方法も用意されています。変動型と固定型を切り替えながら支払う方法もあり、返済者がなるべく損をしないような仕組みも多いです。

 

そして銀行ローンに種類があるのが何故か、という話になるのですが、銀行ローンには現金の使い道を申請する必要があります。カードローンにそのような決まりはありません。借入れた現金は自由に使うことができます。

 

審査の話にも通じますが、はっきりとした目的があって初めて利用できるのがカード以外の銀行ローンなのです。ですので、同じローンといえども、まったく異なるものがこれらのローンなのです。

 

カードローン |イオン銀行なら低金利で安心
https://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/